VWAP

VWAPとは、売買高加重平均価格のことで、当日の取引所で成立した価格を価格ごとの売買高(出来高)で加重平均したものをいいます。 VWAPは、平均的な約定価格としてリアルタイムに表示され、主に機関投資家が株の売買時の目標値として用いています。

VWAP 初めてでもわかりやすい用語集 SMBC日興証券

VWAPを5分ローソク足が完全にまたいだらエントリー。
前日終値、移動平均線のクロスなど、買い増しあり。

目標は日中変動率の1/3。もちろん、銘柄によるが、それくらいを狙えるような銘柄を選ぶという意味。

VWAPをまたいだら損切り。

単純な方が良い。儲かるか儲からないかの指針としてVWAPは重要。
大きな売買のポイントとして終値も重要。

コメント