11/15 翻弄される

収支:+6,420円

ネクソン

最初の5分足を基準に安値を下回った段階で売りを仕掛けた。
戻りにビビッてほぼ同値で撤退。
その直後、大きな下げが来たものだから、乗り遅れまいと再び売りで入るが
じりじりと上がってしまう。

VWAPを抜けきってしまったら損切りしようと半ばあきらめムード。
-45,000円ほどになっていた。
10:30あたりで下げはじめ、一時的には+20,000円近くまで行ったと思う。

損切りポイントをほぼ同値に設定し待ってみたが下げ止まって戻りで約定。
結果は1ティック抜いた程度か・・・。

一時は大きな損失を覚悟していたから、プラスで終わったことを喜びたいがどうにも下手過ぎて泣けてくる。
仕掛けのポイントは悪くないと思う。ただ、それが全く逆だというところが問題。
悩ましい。

コメント