5/18 チャンスに欲をかく

ここというタイミングはばっちりだったと思う。最近は、このタイミングを外すことはほとんどない。
つまりは皆(大口トレーダーを含む)と同じ目線だということ・・・肝心なのはトレンドの向きを間違えないこと、その一点だと思う。

今日は、欲をかいたがためにチャンスを逃した。わずか1ティック下に指値を入れたがために刺さらなかった。
難しい・・・仮に成り行きで行ったり、自分の指値のやや上で買ったとして、失敗した場合、損切りポイントまでの幅が大きくなってくる。利確の幅と損切りの幅(要はリスクリワード)を兼ね合いが難しい・・・。

刺さらなかったということは損をしなかったということ。
それを良しとしながら、研究を続けるしかないのかな?

後場の最後に、タイミングとしては保ち合い状態で上がるのか下がるのか分からなかったのに、欲張りエントリーで失敗。どうなのかな?
人って仕方のないやつだなと思う。

コメント